美容部員の求人応募で役に立つ資格まとめ

女性に選ばれている!美容部員の仕事で女を磨こう 女性に選ばれている!美容部員の仕事で女を磨こう

美容関係の資格を取得しよう

美容部員になるために、絶対に必要な資格は特にありません。そのため、未経験でもすぐに働くことが可能です。しかし美容に関する資格を取得しておくと、求人に応募した際に有利に進めることができるでしょう。また、知識があれば実際に現場に入ったときに慌てなくて済みます。

美容部員にとって役立つ資格

美容師免許
国家資格である美容師免許は、美容師養成施設で所定のカリキュラムを修了し、国家試験に合格することで取得できます。ヘアスタイルだけでなくメイクに関する知識や技術も学ぶことができるため、実は美容部員とも密接なかかわりがある資格です。取得には時間がかかりますが、美容のプロとして高い評価を得られるでしょう。
日本化粧品検定
化粧品のスペシャリストを認定する、美容関連の中でも人気の民間資格です。1級から3級までありますが、美容部員を目指すなら「自分がキレイになる」ことを目標としている2級か、できれば「化粧品の専門家を目指す」ことを目標としている1級を取得したいところです。
日本メイクアップ技術検定
国内外に通用するメイクアップアーティストの育成を目的とした民間資格であり、メイクの技術を検定する点から美容部員の仕事に直結します。1級から3級まであり、全てにおいてスキンケアやベースメイク、フルメイクなどの実技試験が実施されます。特に1級にはカウンセリングやモデルの要望を踏まえたイメージメイクの試験もあり、取得しておくとあらゆる美容分野で役立つでしょう。

接客やマナーに関する資格も有効

勉強をする人

専門的な知識やスキルを習得するには、美容関連の資格を取得することが近道です。しかし美容部員に必要なスキルは、メイクの技術や商品知識だけではありません。女性の心を掴むような接客に役立つ資格を取得しておくと、仕事をスムーズに進められるでしょう。

接客で役立つ資格

「接客心理検定」は、心理学を接客に取り入れた技法の検定です。心理学を中心に行動分析や色彩学の観点からお客様の心を読み取り、本当に求めているサービスや商品の提供に繋げます。カウンセリング力の向上にもなるので、取得しておくと接客スキルの証明になるでしょう。1級から3級まであり、3級は筆記試験のみ、1・2級は筆記試験と実技試験が実施されます。

TOPボタン